クラス編成

     
 
まーがれっと組(年長)

 自分たちは年長だという自覚と責任を胸に、様々な活動に取り組みます。
 問題が起これば、その度に話し合い、お互いの考えを伝えあって、何が大切なのかを皆で考えます。
 
 夏にはお泊まり保育で加美町へおでかけ。家の人と離れて一晩過ごしました。
 クリスマスページェント(聖誕劇)では大切な役を担います。ひとつひとつ乗り越えるたびに、成長が見られます。

 
     
 
あさがお組(年中)

 だんだんとまわりが見えてくる年中さんは、お友達との関わりが深まるにつれて、ぶつかり合いが多くなります。
 その中で自分を見つめ、お友だちを受け入れ、社会性を広げていくのです。

 集中力がついてきて、積み木の作品等、とても大きなものが作れます。お料理だってお手のもの。
 自分たちの力でやったことひとつひとつが自信につながり、次に挑戦する力につながっていきます。


 
     
 
ちゅうりっぷ組(年少)

 お家の人と離れて初めての社会生活。
 何でも自分でやらなくちゃ!小さいけれど、一人の人としてしっかり立っているんです。
 たまには泣きたくなるときもあるけれど、やさしい先生たちが受け止めてくれますよ。

 包丁を持ってお料理もするし、お絵描き、ままごと、砂遊び、野菜の栽培もします。
 心の安定があればこそ、いろんな活動へ広がります。

 
    
━━━ 私たちが大事に思っていること ━━━

何より、こどもたち一人一人が、その子らしくのびのびと生きてけることを願っています。
また、自分自身で大切なことは何かを考え,判断し、行動出来る人になってほしいのです。
そのために、わたしたちはこどもたちと向き合い、一人一人に寄り添い、こどもたちの
豊かな個性をのばしていけるような援助を心がけてます。


☆TOPに戻る